名護市屋部の地域における新たな活動の拠点となる「屋部地区センター」が完成し、同市青少年育成協議会の屋部支部が かわいい本棚を設置するなど、こどもから大人までみんなで楽しむ施設ができました。   https://www.nanklenaika.jp/ 名護市の戦後の移り変わりを知る資料が刊行されました。 名護市史研究資料・103 「戦後生活史編」ー既成原稿集・聞き書き話者目録ー」 沖縄戦により焼け野原となった旧名護町、平和の第一歩が住宅建築であり、生活再生のはじまりであった。 米軍の資材提供により、応急住宅として、2インチ×4インチ規格木造住宅が次々と建てられた、さらに木造 住宅からブロック造・鉄筋コンクリート造へと移り変わりました。 概要「住環境の変化」にその移り変わりを寄稿させていただきました。 ご一読はこちらからどうぞ ↓ 戦後史 住まい 美音Space Designスタート致しました。 美しい音を奏でる空間デザインで 感動を分かち合い 共に幸せに 共に喜び 共に成長致します。 今年も宜しくお願い致します。 https://www.facebook.com/sd.bion.

建築実績アップしました。 コンパクトでカラフルなおうちです! 建築実績アップしました。 改修で誕生しました小規模保育園です! アラマハイナコンドホテル&オキナワハナサキマルシェが 2019年度「照明普及賞」を受賞いたしました。 おめでとうございます!! https://www.maedasangyo.net/news/detail.php?id=21 ※前田産業ホテルズ様 ホームページより引用